離婚時の決め事の一つに、子供の養育費があります。
夫婦が揉めて、離婚がなかなか決まらない理由の一つです。

 

払ってもらう側は少しでも多く欲しいし、
払う側は少しでも少なくしたいものです。

 

主張がくい違う夫婦の話をまとめていく為に、「養育費算定表」というものがあります。
養育費算定表では、子供の年齢や数、夫婦の仕事、年収額で養育費の相場がわかります。

 

極端な金額を請求された場合は、参考にしてみて下さい。

 

養育費算定表は家庭裁判所のホームページからダウンロードできるので、誰でも見れます。

 

 

では、そもそも養育費とはどんなものなのでしょうか。

 

養育費とは、子供が親から自立するまで養育(養い育てると書きますね)してもらうために必要な費用です。

 

夫婦が離婚した場合、子供を引き取って育てている方の親がもう一方の親からその費用を負担してもらうかたちになります。
親であれば負担しなければいけないもので、養育費を支払う義務があります。

 

養育費に時効はないので、後からでも養育費を請求することも可能です。
養育費を支払う期間としては、一般的には20歳までと言われていますが、様々な事情によって異なります。

 

また、一度決めた養育費の金額の変更は可能です。

 

金額を決めて書面に残した場合は難しくなりますが、それでも進学や病気、事故など事情によっては増額は不可能ではありません。
なのでそういったことを想定して書面に、事情によっての増額をどうするかも決めておく方がいいです。

 

しっかり書面で残しておいて下さい。

 

離婚して、いざあなたと彼の生活が始まってから再度、養育費の増額で揉めないようにしっかり決めておいてもらいましょう。

 

彼と結婚して共に生き行くとなると、彼の養育費はあなたの問題にもなります。

 

養育費とは何に対して払うものなのか、今一度確認して下さい。
そして、支払い額・支払い期間、条件など説明してもらいましょう。

 

あなたと彼が今後幸せになる為にも、子供への責任には一緒に向かい合って下さいね。


 
トップページ 彼と一緒になる為には 管理人自己紹介 コンタクト