不倫で駆け落ちは最悪の決断です。

 

不倫がバレてしまい、今とても苦しい状況でしょう。

 

厳しい言葉の数々、慰謝料の請求、相手の離婚拒否、
そして彼との関係を終わらせるよう周囲に責められていると思います。

 

彼とは一緒になれるとは、到底思えない現実があります。

 

私も、「彼と一緒になるには駆け落ちするしかない」と思ったことがあります。

 

全て捨て誰も知らない場所で、2人0からスタートできたらどんなにいいだろうか考えました。
その為なら親・家族・友達、2度と会えなくてもよかったです。

 

でも、駆け落ちはダメです。

 

駆け落ちしたら、彼との幸せな未来は遠のきます

 

駆け落ちするよりも、今直面している問題を解決した方が幸せへは近道です。

 

その理由を現実問題(お金)心の問題から説明したいと思います。

 

 

まず現実問題、お金についてです。
駆け落ちするとなると、お互いに今の仕事は辞めることになります。

 

あなたはいくつですか?彼はいつくですか?
再就職はすぐに可能な年齢でしょうか?

 

職種にもよりますが、”今の会社より高額な収入をもらえる転職”ができる人は稀です。
彼が35歳以上で、現在の会社でそれなりの役職についているなら100%収入は減ります。

 

あなた自身も”条件のいい仕事”に巡り合う自信はありますか?

 

今高額な慰謝料を請求され、彼も離婚によって慰謝料・養育費の支払いを突きつけられていると思います。
けれど慰謝料・養育費共に、請求された金額=支払わないといけない金額ではありません。

 

どちらも相場があります、極端な金額を支払うことはありませんし、支払いは一生続きません。

 

あなたと彼の年収やこれまでの生活振りは詳しく分かりませんが、日本で普通に生活にしてきたなら。

 

駆け落ちして今の仕事を失い0からスタートするより、
今の仕事のまま慰謝料・養育費の減額交渉をして支払う方が手元にお金は残ります。

 

 

次に心の問題です。

 

駆け落ちしてすぐは、念願の彼との2人の生活、幸せに違いありません。

 

でも1年経ち、3年、10年と時間が経つと、今捨てようとしているものを思い出す日がくると思います。

 

人間は勝手なもので、失ったものを懐かしむ習性を持っています、思い出は美化されていきます。
また責任や罪悪感も忘れられることなく、心に残り続けます。

 

失った家庭や家族を懐かしみ、罪悪感に苦しみながら彼と生きていくという最悪の結末が待っているかもしれません。

 

今目の前にある、困難な現実から目をそむけて逃げてはダメです。
もし駆け落ちして逃げたとしても、困難は形を変えてまたあなたのところへ戻ってきます。

 

駆け落ちだけは辞めましょう。
必ず幸せになる道はあります。


 
トップページ 彼と一緒になる為には 管理人自己紹介 コンタクト