不倫がバレると、された側は悲しみと共に激しく怒ります。

 

その怒りを受け入れることも、謝罪の一つだと思っています。
汚い言葉で罵倒されても耐えて、相手の悲しみを知り謝罪してほしいと思います。

 

でも、限度はあります。
私たちが不倫をして傷つけたからといって、不倫の制裁として何をしても許される訳ではありせん。

 

不倫をされた側の怒り方(制裁)は度が過ぎると、私たちが被害者になります。

 

不倫の制裁はどこまで認められるかのか考えてみましょう。
(不倫したのは女性、怒ってるのは奥さんとします。)

 

まずは、”不倫したことを職場にバラす。”これは名誉棄損となります。

 

不倫をしていることは、会社での評価を下げることです。
普通は言われたら困ります。
人の評価を下げるようなことを不特定多数の人に告げる行為は、名誉棄損にあたります。

 

奥さんが女性の職場に不倫の事実を暴露する手紙や写真を送ったことで、
奥さんに対し、100万円の支払いを命じた裁判事例もあるようです。

 

ただ奥さんがあなたと連絡を取りたいけど住所や連絡先が分からない場合に、職場に来たり手紙を送る場合は
名誉棄損にはなりません。

 

次は、”不倫してことを実家にバラす。”これも違法です。

 

過去の裁判の事例を見ると、
奥さんが不倫相手の実家の両親に不倫の事実を話し、さらに会いに行き金銭を要求したことに対し200万円の支払いを命じています。

 

あなたがご実家にお住いの場合や、慰謝料の話し合いの同席を求めた末、実家に知られた場合は違法ではありませんが、
あなたの不倫を理由に、あなた以外から金銭を取ることは認められていません。
それは脅しです。

 

不倫したことことへの解決は、あなたへの慰謝料です。

 

不倫したことで私たちが慰謝料以外にも、社会的制裁を背負う場合はあります。
けれど、された側がそれをわざと仕向けることは本来は許されない事です。

 

(もしあなたが社会的制裁を背負った場合、慰謝料は減額されます。
 例えば、不倫したことであなたが仕事を失ったり、家族に知られ苦しい状況になっていれば、そのことも償いの一つとしてカウントされます。)

 

不倫の罪に向き合い、償いうことは大切なことです。
でも向けられる怒り、仕打ちをなんでも受け入れればいいとうことではありません。

 

目には目を、歯には歯を。は認められません。
どんなに凶悪な犯罪を犯した人でも殺せば、それは殺人です。

 

罪に向かうと決めても、償いの方法が常軌を外れるものであれば主張する権利はあります。

 

あなたが必要以上に傷つかない為にも、相手に過剰なことさせない為にも、怒りを増幅させないようにして下さいね。

 

 

いろんな人からの言葉や制裁に、苦しんでる方は冷静になって下さい。
よければこちららもお読み下さい。

 

不倫の謝罪範囲

 

2人を引き離すことは不可能

 

密会するリスク


 
トップページ 彼と一緒になる為には 管理人自己紹介 コンタクト