”不倫した側からの離婚は認められない”
と聞いて落ち込んでいる方いるのではないでしょうか?
これは本当でもあり、嘘でもあります。

 

離婚について少し説明しますね。
離婚には、協議離婚裁判離婚があります。
協議離婚とは、夫婦(家族)の話し合いで離婚します。
それに対し裁判離婚は、裁判をして裁判官に離婚を決めてもらいます。

 

”不倫した側からの離婚は認められない”とは、裁判離婚でのことです。
他に結婚したい人ができたから離婚してくれ、
すぐに離婚届書いてくれないなら、裁判で強制的に離婚してやる。
としても、
そんな一方的な理由は認められませんという具合です。

 

この点から見れば、”不倫した側からの離婚は認められない”は本当です。
有責者から離婚を申し出ても、裁判官は離婚を認めません。
有責者とは、夫婦関係の破綻に責任がある人のことです。
不倫した以外にも、暴力や生活費を入れないなどです。

 

けれど、割合を見ると協議離婚90%、裁判離婚10%です。
普通は離婚するのに裁判なんてしません。
ごくまれに、離婚条件が決まらない場合や、
相手からの暴力や経済的な制裁で一方的に離婚したい場合に、
裁判で決着をつけることもありますが、
芸能人や一部のお金持ちの人がするものと思っていいです。

 

”不倫した側からの離婚は認められない”はその10%の人たちの間での話なんです。

 

奥さんが、「絶対に離婚しない。」
と言って離婚話に全く応じてくれない。
”不倫した側からの離婚は認められない”はやっぱり正しい
と心配されてる人もいるかもしれません。

 

私の彼の元奥さんも、始めは全く応じてくれませんでした。
金銭的な理由で離婚はしたくないと、ずっと離婚を拒否していました。
けれど旦那さんでも奥さんでも、片方が離婚を切り出すということは、
夫婦関係が半分破綻しているということだと思います。

 

(本当に彼にとって元奥さんがかけがえなのない人であり続けたなら、離婚して私と一緒にいることは選ばなかったでしょう。)

 

離婚理由は何であれ、破綻している関係はいつか崩れます。
今は離婚を拒否していても、彼が奥さんに話を続ければ、
「私たち夫婦はもう終わっているんだ」といつか気づくはずです。
離婚に向かって進むしかないと分かるはずです。

 

よって”不倫した側からの離婚は認められない”は本当でもあり嘘でもあります。
誰かに聞かさせれた言葉で、慌てないで下さい。
彼と一緒になる道は必ずみえてきます。


 
トップページ 彼と一緒になる為には 管理人自己紹介 コンタクト