不倫恋愛をしていく中で、味方はいません。

 

彼との恋を本気で貫き通すと決めたなら、1人孤独に闘うこと。と思いましょう。

 

 

不倫恋愛をしていると、どうしても精神的に不安定になります。
彼と会えない寂しさに加え、罪悪感や嫉妬とも毎日対面します。

 

あまりの辛さに誰かに話したくなります。
その場の言葉だけでも、”味方”がほしいです。

 

けれど、私の経験からして、不倫を人に話すことはお勧めしません。
大体の人は、不倫と聞くだけで嫌悪感を示します。味方にはなってくれません。

 

また相手によってはある種の、嫉妬のようなものを感じます。

 

話した相手の方が満たされた恋愛をしていれば、味方になってくれるかもしれません。
でも女性は同性の恋愛に対して、少し意地悪いところがあると思います。

 

あなたが完璧に不幸なら優位に立てますが、彼に本気で愛されていると分かるとその苦しみは甘美な苦悩だと気づきます。

 

「それに比べて自分は。。。」と、苛立ちと嫉妬が募るようになります。

 

話した時は、いい調子で相づちを打って味方してくれたとしても、その後のことは分かりません。
あなたはただ聞いてほしかった、そうだねと言ってほしかっただけでも、聞いた方は違う可能性もあります。

 

嫉妬から誰かに話してしまうこともあるかもしれませんし、
妙な正義感から余計なお節介を焼くこともあるかもしれません。

 

不倫は許されない恋です。
それを肝に銘じてほしいと思います。

 

もし話した相手があなたの思惑とは別のことをしても、責められません。
「不倫は悪いことだから辞めた方がいい、傷つくのはあなたよ。」と言われれば返す言葉はありません。

 

話す場合は、じっくり相手を選んでからにして下さい。
勢いで話してしまってはいけません、全ての人が味方になってくれる訳ではないです。

 

私たちの不倫恋愛の味方はいないと、思っていた方がいいと思います。
基本は1人で挑むものと思って下さい。

 

 



 

 

 

関連ページ

誰とも共感できない
友達には話せない
このサイトに来られた方は、不倫恋愛に悩まれていると思います。 今すぐ彼を自分だけのものにしたい。 でも目の前には、ならない現実しかありません。 その悲しみを苦しみを、あなたと共感したいと思います。
話すことで感じる孤独

 
不倫で幸せになる~12の心構え 管理人自己紹介 コンタクト トップページ