不倫恋愛をしていく中で、誰かと共感することは難しいです。
特にリアルタイムでは不可能だと思って下さい。

 

本気で彼を好きになればなる程、苦しみは増えていきます。どんどん孤独になっていきます。
誰とも共感できない思いは、日々募ります。

 

不倫という許されない恋を共にしている彼とも、共感できない部分は出てきます。
男女の違い、歳の違い、立場の違い、独身既婚の違い。

 

私たちはお互いに既婚同士でしたが、共感できないことはたくさんありました。
逆に、”既婚”という共通があるからこその期待、「どうして分かってくれない?」というしんどさもあったように思います。

 

不倫関係が終結した今も、誰とも共感できずにくすぶり続ける感情は、今もあります。
それがどうしようもなく、寂しく悲しく感じてしまうこともあります。

 

でも、苦しみの共感は誰もができないもの、なのかなとも思います。

 

そもそも本当の苦しみは言葉に表すことさえ難しいです。
彼への愛情と嫉妬、不安と期待、幸せと不幸、罪悪感と使命感。
相反する感情が入り乱れて、感じることも日々変わります。

 

彼との愛情が確信できても、些細なことで不安を感じて疑ったり、また2人の愛を実感できたり。

 

不倫や恋の悩み関わらずどんなことでも、悩みが深い程、苦しみが大きい程、誰とも共感できないものなんです。

 

不倫恋愛で発生する感情は自分で背負わなければなりません。
誰とも共感できない事実を受けとめることが必要です。

 

それは過酷なことです。でもその過酷さを知ったから、見える物もあります。

 

私にとってそれは、誰かと共感する大切さです。

 

誰とも共感できないことを経験したから、共感できる有難さが身に沁みます。

 

また苦しい時に人が1番求めるものは、共感だと思います。
共感できないからと諦めてしまうのではなく、寄り添えるようになりたいなと思います。

 

 

人生どん底の孤独って、誰もが経験できる訳ではありません。
その風景を見たからこそ歩める人生もあるのかなと感じます。

 

 

 



 

関連ページ

味方はいない
友達には話せない
このサイトに来られた方は、不倫恋愛に悩まれていると思います。 今すぐ彼を自分だけのものにしたい。 でも目の前には、ならない現実しかありません。 その悲しみを苦しみを、あなたと共感したいと思います。
話すことで感じる孤独

 
不倫で幸せになる~12の心構え 管理人自己紹介 コンタクト トップページ