不倫をしている人の心理として、

 

いけない恋と知っているから辞められない。

 

障害が多いからこそ燃え上がる。

 

手に入らないからこそ欲しくなる。

 

などと世間では言われています。

 

だから、「人は不倫にはまる、辞められない」とまで言われると、イラっとするのは私だけでしょうか。

 

確かに不倫の恋には、普通の恋にない特別感があると思います。

 

中にはその特別感にはまり、不倫を続けている人もいると思います。
その特別感に憧れて不倫の恋に手を出し、本気で相手を好きになってしまう人もいると思います。

 

でも純粋に相手に恋をしてる人にとっては、不倫の特別感って後付けだと思うんです。

 

私が彼を選んだのは、彼が既婚者だったからではありません。
あなたもその特別感を味わうために、彼を選んだのではないですよね?

 

 

私は不倫中”私たちはお互いに特別な存在なんだ、2人は特別な関係なんだ”と思っていました。
思うというより、自分自身に言い聞かせていました。

 

自分の中の不安や寂しさ、罪悪感を打つ消す為に不倫の特別感を感じさせていたのだと思います。

 

”どんなに辛くても彼への愛をあきらめない、それは結婚するよりも深い愛のある尊い関係だよね。だから大丈夫。”といった感じです。

 

無理にでも、特別感を感じなくては不倫の恋はやってられないのです。
不倫の日々を乗り超えていけません。

 

私にとって不倫の特別感は、苦しい日々の中の自分への慰めでした。

 

それを、「不倫だからって、特別感に酔いしれている」みたいな言葉を聞くと非常に嫌な気持ちになります。

 

 

不倫の恋に特別感を感じるのは本当です。
でも優越感や嬉しいものとして、感じてばかりいるのではありません。

 

不倫という許されない恋をしてるからって、私もあなたもそこまで性格悪くないです。

 

 



関連ページ

苦しい毎日
このサイトに来られた方は、不倫恋愛に悩まれていると思います。 今すぐ彼を自分だけのものにしたい。 でも目の前には、ならない現実しかありません。 その悲しみを苦しみを、あなたと共感したいと思います。
会えない時間
不倫中のデート
不倫中の喧嘩
2人だけのイベント
ネガティブワードの検索
未来が見えない

 
不倫で幸せになる~12の心構え 管理人自己紹介 コンタクト トップページ