不倫中のカップルにとって、デートは慎重にしないといけません。
人目を避けた場所選び、時間帯にも気を遣い、愛を育んでいかないと駄目です。

 

白昼堂々と町中を手を繋いで、買い物や食事とはいきません。

 

個室居酒屋や漫画喫茶、ホテル、片方が独身の場合はお家デートなど
どうしても人目に付きにくい限られた場所になります。

 

始めは暗く狭い場所での2人の時間。2人だけの世界が嬉しかったです。
でも次第にその暗さと狭さが2人の関係の象徴に感じ、私たちはいけないことをしてるんだなと寂しくなりました。

 

太陽の下で、彼と一緒に歩きたかったです。

 

今まで”当たり前”のデートが出来ないのは辛いですよね。

 

許されない恋をしている中で、2人一緒にいれること自体有難いことです。
でも不倫が長くなると、有難がってもいられません。不満と寂しさはたまっていきます。

 

不倫中、1番憧れたのはスタバです。
カウンターで一緒にコーヒーを飲んでいるカップルが羨ましく見えました。

 

駅前で待ち合わせしたり、コンビニに行ったり、ファーストフードに行ったり。
特別なことではなく、”普通”のことがしたいですよね。

 

私たちのデートも個室居酒屋か漫画喫茶、もしくはホテルでした。
限られた場所しかデートできないことにストレスを感じてきていたので、思い切って今までできなかったデートを計画しました。

 

お互いに平日に休みを取って、隣の隣の街のショッピングモールへ。
映画を見て、買い物をして、念願のスタバにも一緒に行けました。

 

電車で3時間、車でも2時間ちょっとかかるところだったので、滞在時間は短かったです。
仕事で休みを取るのも気を遣います、
お互いの家庭にバレてしまうのではないかと心配もありましたが、
ちょっと無理してでも計画してよかったです。

 

苦労して手に入れた分、何十倍にも、いい思い出になっています。

 

楽しかった分帰りはいつも以上に寂しかったです。
でもいつか本当にこんな日がくればいいねと夢が膨らみました。

 

今でも、たまにそのショッピングモールに行きます。
今では、あの時の寂しさが懐かしく感じます。
何気ない日常の有難さが身に沁みます。

 

 

あなたのその寂しさも、いつか懐かしさに変わりますように。。。

 



関連ページ

苦しい毎日
このサイトに来られた方は、不倫恋愛に悩まれていると思います。 今すぐ彼を自分だけのものにしたい。 でも目の前には、ならない現実しかありません。 その悲しみを苦しみを、あなたと共感したいと思います。
会えない時間
不倫中の喧嘩
2人だけのイベント
ネガティブワードの検索
不倫の特別感とは
未来が見えない

 
不倫で幸せになる~12の心構え 管理人自己紹介 コンタクト トップページ