婚姻費用とは、収入が高い方の配偶者はもう一方の相手方に対して離婚までに生活費として支払うお金のことです。

 

子供の養育費と似ていますが、養育費は離婚後の子供のためのお金であるのに対し、婚姻費用は離婚前の配偶者(子供む含む)の生活の為のお金です。

 

離婚までに別居する場合に、出てくる言葉だと思います。

 

別居することなく離婚を迎える場合に、離婚話が始まったからといって旦那さんが奥さんに生活費を渡さない訳にはいかないですよね?
それと同様、籍を抜くまではお互いの生活に責任を持つ意味のお金です。

 

夫婦は民法上、お互いにに扶養義務を負っています。
相手(配偶者)が生活できない状況なのを、もう一方が「知らない」では済まされないということです。

 

女性が男性に対し支払いを求めるパターンが多いと思いますが、
女性の方が収入が高い場合は男性が支払いを求めることもできます。

 

ただ、婚姻費用が指す生活費とは現実の出費ではなく,最低限必要な生活費です。

 

別居してもまだ籍が入っているから、相手の生活を全面的に見なければいけないというものではないです。

 

婚姻費用を巡って揉める場合、目安として「婚姻費用算定表」というものが裁判所から出ています。

 

夫婦の収入から、目安金額が分かります。

 

ただ、必ずしも婚姻費用算定表通りの金額を請求・支払わなければけない訳ではありません。
夫婦の双方が合意をすれば、算定表基準よりも高い金額でも、それよりも低い金額でも自由に金額で大丈夫です。

 

養育費と混同しないようにしましょう。</strong>

 

聞いたことない言葉だと相手に巻かれないように、しっかり違いを理解して下さい。。

 

 

 

婚姻費用のポイント

 

婚姻費用とは、離婚が決まるまでに請求できる生活の為の費用。

 

生活費とは、現実の出費ではなく最低限必要な費用を指す。

 

離婚後に、婚姻費用は発生しない。