年金分割とは、財産分与の1つです。

 

離婚後に旦那さんの年金を分割し,それを将来奥さんが受け取れる制度です。

 

専業主婦の場合、奥さん個人としては年金を収めず第3号被保険者として、
退職後は旦那さんの年金が一緒に貰える仕組みですよね。

 

「専業主婦として旦那さんを支えてきたのに、離婚後奥さんが年金を貰えないのは不公平」として、
平成16年に導入された、まだまだ新しい制度です。

 

ただし年金分割、別れた元旦那さんが将来貰う月々の年金の半分を貰えるという意味ではありません。

 

会社員の場合、国民年金と厚生年金に加入してますよね。
年金分割の対象となるのは、厚生年金のみです。

 

つまり対象となるのは、婚姻期間中に収めた厚生年金のみです。

 

 

そもそも年金分割の制度が始まった背景は、熟年離婚が多くなったことにあります。

 

定年を目前に離婚する夫婦が、「これから生活するのに、年金は旦那さんがひとり占めするのは不公平」という観点から導入されました。

 

奥さんが年金事務所に、年金手帳,・離婚届・戸籍謄本・年金分割の合意書を持っていけば、手続きできるようですが、

 

年金の受給年齢は年々上がり、将来の受給金額はその時が来ないと分からないのが現実です。
年金制度自体が破綻してしまうのでは、、と言った意見もあります。

 

なので年金受給がまだまだ先の人たちにとって、”いくら貰えていくら目減りするのか”は分からないです。(計算はできるようですが)

 

だた財産分与の権利として、年金分割があります。
「一部の年金は将来自分がもらえる」と満足されるのであれば、合意書を作って下さい。

 

 

年金分割のポイント

 

年金分割は財産分与の一つ。

 

分割の対象は、婚姻期間に納めた厚生年金のみ。

 

 

 
不倫で幸せになる~12の心構え 管理人自己紹介 コンタクト トップページ