財産分与とは離婚条件の一つで、
夫婦になってから発生した財産を、それぞれに分ける作業です。

 

この財産分与の対象となるものは、貯金などの現金だけではありません。
株、土地や建物などの不動産、テレビや洗濯機などの家具・家電、車、厚生年金や共済年金、退職金なども対象となっています。

 

また正の財産だけでなく、負の財産もです。

 

ローンを組んで家を購入した場合、名義が夫であっても、残りのローンも分与の対象とされます。

 

逆に対象とならないものとしては、結婚前に個人で貯めた貯金や、自分の親から相続した財産など、
夫婦で得たものでない財産は、分与の対象外となります。

 

財産分与の権利は夫婦平等にあります。
夫婦のどちらかに離婚の責任があったとしても、片方の財産分与の権利は奪えません。

 

 

ただ現実問題、慰謝料を現金ですぐに準備するのが難しかったり、家の売却が困難だったりします。

 

現実にきっちりと半分にすることが難しいものは、夫婦の納得できる妥協点を見つけていきます。
お互いの主張を擦り合わせていくことが大切です。

 

例えば慰謝料として車を渡したり、家のローンの一部肩代わりしたり、家の不動産価値を査定してそこからローンを差し引いたものを折半したりと。

 

どのように分けるかは、夫婦2人の自由です。

 

もし納得できない条件のまま離婚してしまっても、2年以内であれば請求することができます。

 

離婚しても、なお揉めないように。しっかり離婚時に決めることが大切です。

 

財産分与のポイント

 

財産分与は離婚理由に関わらず、夫婦平等にある権利。

 

離婚してから2年からは請求が可能なので、しっかり話し合って決めることが大切。
 

 
不倫で幸せになる~12の心構え 管理人自己紹介 コンタクト トップページ