離婚には3つの方法があります。
協議離婚調停離婚裁判離婚です。

 

協議離婚とは、夫婦の話し合いで決める離婚です。
夫婦が合意して離婚届を役所に提出すれば、離婚できます。

 

次に調停離婚とは、
協議離婚ができなかったり、夫婦だけで離婚の条件(慰藉料・財産分与・養育費など)が決まらない場合に行います。

 

家庭裁判所の調停委員と呼ばれる人が、夫婦の間に立って話を聞いてくれ、解決に向けて仲裁してくれます。
この調停離婚に強制力はありません。

 

夫婦両方が、合意しないと離婚はできません。
裁判所は夫婦の中立の立場をとって、仲裁してくれるだけで答えを出すのは当人たちです。

 

そして最後に裁判離婚です。
夫婦の話し合いでも、裁判所が仲裁に入っても、両方の納得いく答えが出せない場合裁判官に答えを出してもらいます。

 

ただ裁判離婚では、民法に定める特別な「離婚原因」がない限り、離婚は認められません。

 

相手の同意なしに強制的に離婚できてしまうので、それ相応の理由がないと認めてもらえないのです。

 

「不倫をしたら離婚できない」と言われるのは、このことです。
不倫をした人(有責者)からだけの離婚の申し立ては通りません。

 

(このことについて気なる方はこちらもどうぞ。不倫した側からの離婚は認められない?

 

 

3つあるといっても、90%が協議離婚です。
残り10%の内、9%が調停離婚、1%が裁判離婚といった割合です。

 

殆んどの夫婦が揉めながらも”自分たちで決めるしかない”のが現実だと思います。

 

弁護士を雇って裁判所に行ってなんて、時間もお金も労力もないのが普通です。

 

また、どの過程で離婚をしたのか戸籍に残ります。
戸籍を見れば、協議離婚なのか裁判離婚なのか分かってしまいます。

 

世間体も考えて、夫婦円満に協議離婚をする人が大多数のようです。

 

 

離婚のポイント

 

離婚には、協議離婚・調停離婚・裁判離婚の3種類ある。

 

裁判離婚する場合は、相手の合意がなくても強制的に離婚できるので、民法の定める離婚理由が必要。

 

90%が協議離婚。裁判離婚までするのは1%の夫婦というのが現実。
 

 
不倫で幸せになる~12の心構え 管理人自己紹介 コンタクト トップページ