公正証書とは、公証役場を通してのみ作成できる正式な書類のことです。

 

約束事がしっかり守られるようにつくる書類です。

 

慰謝料の示談書を公正証書で作成すると、(正式名称は強制執行認諾約款付公正証書です。)
あなたが慰謝料の支払いを滞った場合に、相手が裁判所に公正証書を持っていくと
あなたの財産や給与を差し押さえるなどして強制的に支払いをさせることができます。

 

また離婚の条件を決める際にも公正証書を作成することがあります。(正式名称は離婚給付契約公正証書です。)
こちらも、養育費の支払いなどを相手が滞った場合に強制的に支払わさせることができます。

 

だたし、公正証書は相手の同意が必ず必要です。

 

「勝手に作られる」、なんてことは絶対にないです。

 

慰謝料について、請求する人が勝手に作成することはできません。
あなたが請求させたのであれば、あなたの同意なしには作れません。

 

離婚時の公正証書も同様に、夫婦どちらも賛成してはじめて作れます。

 

 

公正証書は、どちらかと言えば支払ってもらう側のものです。

 

でも、相手によってはあなたの為になることもあります。

 

公正証書で、慰謝料や養育費をきっちりきめておくと増額や何度も請求される事態を防げます。

 

”強制”と聞くと怖いですが、あなただけでなく相手にも守ってもらうということです。

 

相手の奥さんや、そのご家族が信用できない場合はあなたを守るツールにもなりうると、頭の隅に置いておいて下さい。

 

公正証書のポイント

 

あなたの合意なしには作成できません。勝手に作ることはできません。

 

あなたと彼を守るツールにもなります。
 

 
不倫で幸せになる~12の心構え 管理人自己紹介 コンタクト トップページ