慰藉料とは、「精神的な苦痛を謝り、慰める為の損害賠償金」です。

 

不倫は、民法で不貞行為(配偶者以外との性行為)と表現され、
不貞行為をした人に対して、された人は慰藉料を請求できます。

 

ただし、請求には時効があります
不倫の事実を知ってから3年、もしくは行為があった時から20年です。

 

慰藉料の相場は、離婚する場合200~300万
離婚に至らなかった場合(夫婦関係を修復できた場合)~150万と言われています。

 

夫婦が不倫によって離婚してしまうと、より不倫の責任は重いと考え慰謝料は高額になります。

 

(不倫以前に夫婦関係が壊れていたり別居していたりと、不倫が直接の離婚理由とならない場合は慰藉料を認められることはないようです。)

 

慰謝料の金額を予測するのは難しいです。

 

なぜなら慰藉料は相手を慰めて謝罪する為に支払うお金です。
どこで納得するか、許すのかは相手次第だからです。

 

上の金額は、あくまでも相場
裁判や、示談によって過去に支払われた金額です。

 

 

また慰謝料の相場が最高300万と聞くと、
「不倫が原因で離婚するなら、旦那さんから300万・その相手からも300万合計600万貰える」と
解釈する人がいるようですが、少し違います。

 

不倫相手と旦那さん(配偶者)の両方から,慰謝料を二重取りすることはできません。

 

例えば、離婚裁判で旦那さんから奥さんに300万の慰藉料支払いが認められた場合、
あなたも慰藉料を300万支払う訳ではありません。

 

「不倫で苦しんだ心は、旦那さんからの300万で癒えましたよね。」といった感じです。

 

最高300万とは、不倫された側が手にできる最高金額と解釈した方がいいです。

 

もちろんあなたや彼が、奥さんの請求金額をそのまま支払うこに合意すれば奥さんが600万(それ以上でも)手にすることは可能です。

 

 

覚えておいてほしいのは、慰謝料請求の金額はいくらでも可能です。
極端な話、「1000万下さい、1億くれないと許さない。」と言うことは請求する側の自由と言うことです。

 

請求された金額≠支払わなければいけない金額、です。

 

慰謝料のポイント

 

不倫している人は、相手の奥さん・旦那さんと配偶者から慰藉料を請求される可能性がある。(だたし、時効あり)

 

請求した人は、不倫相手と配偶者から二重取りはできない。

 

請求された金額が、支払わなければいけない金額ではない。
 

 
不倫で幸せになる~12の心構え 管理人自己紹介 コンタクト トップページ