養育費とは、子供が親から自立するまで養育(養い育てると書きますね)してもらうために必要な費用です。
離婚後、子供を育てない方が支払うことになります。

 

養育費算定表とは、この養育費の目安となる計算表です。

 

裁判所が出しているもので、夫婦の年収、子供の歳・人数によって金額が判断できます。
実際に裁判で離婚する場合、この算定表を基に養育費が決められます。

 

高すぎる金額を請求されている場合などに、交渉材料の一つして使える公式な資料です。

 

 

算定表の金額を見るともらう側は「安すぎる」と感じるかもしれませんが、

 

養育費とは離婚後の子供が、片親からのみ扶養されることによって不利益を受けないようにするためのものです。

 

そもそも「親の生活を犠牲にしてまで支払うべき」とはされていません。

 

親が離婚しない場合に、子供が受け取れたであろう費用の全てを受け取れるように設定されている金額ではないです。

 

 

あくまでも目安なので、この表の金額通りでないといけない訳ではないです。

 

妥協点を見つけられるツールとして使って下さい。

 

養育費算定表のポイント

 

養育費算定表とは、養育費の目安表。

 

裁判所からでている、正式な世間の相場資料。

 

算定表の金額は、全てを叶えられるように設定されている金額ではない。
 

 
不倫で幸せになる~12の心構え 管理人自己紹介 コンタクト トップページ