養育費は、慰謝料のように恨みや怒りの感情で決めず、子供にとっていくら・いつまで必要なのか。
離婚理由にかかわらず父親、母親が協力して決まるべきですが、実際は難しいです。

 

特に離婚の理由が不倫となると奥さんの頭には、
「私と子供のものだったはずのお金が、他の女のお金になる」という考えしかありません。

 

私の彼の場合も、養育費でかなり揉めました。離婚話の大半が養育費の金額についてです。

 

元奥さんの当初の請求額は月40万、(養育費算定表で見ると高すぎる金額です。)

 

言い分は、
「離婚して女(私)と暮らすなら、女を働かせて食べさせて貰えばいい。子供が成長するまであなた(彼)の給料は、私たちにくれればいい。」です。

 

不倫された側として、怒り・悲しみ。。。言いたいことは分かります。
でも、現実問題それはないです。あり得ません。

 

全く話が進まないので、養育費として本当にいくら必要か私が調べることにしました。
(詳細はこちらに書いています養育費の妥当な金額っていくらなの?②~私の考え

 

私が考える妥当な養育費は、下の子が成人するまでの残り6年間・月12.1万、総額871万円でした。

 

子供の学費・生活費に関する客観的資料と、母子家庭が手にする給付金・元奥さんの努力で生み出せる収入、
そして私の考えた金額を纏めて彼に渡しました。

 

その資料や考えをどこまで、彼が実際にどこまで活用したかは知りませんが、

 

最終の決定支払い総額は約830万円です。
(6年間、子供の年齢によって月々の金額を変動させることになりました。)

 

またこの金額より、双方が増額・減額請求しないことも約束しました。

 

養育費算定表で彼の年収のラインから見ると上の金額よりもう少し支払いは必要ですが、
その他の離婚条件(慰藉料・財産分与)とのバランスも考え、妥当な金額だと思います。

 

時間はかかりましたが、納得できる金額を約束できたと思っています。

 

 

養育費を必要とするのは子供です、そしてそれは長期の支払い責任になります。

 

養育費とは何に対して払うものなのか、今一度確認して下さい。

 

いざあなたと彼の生活が始まってから再度、養育費のことで揉めないようにしっかり決めておいてもらいましょう。

 

そして、あなたが納得して彼と背負っていけるかどうかも、大切なポイントだと思います。

 

月々の支払い額はいくらか、いつまで支払うのか、支払い総額はいくらの約束か、増額や諸事情による支払いの可能性はあるのか。
しっかり聞いて下さい。

 


 
不倫で幸せになる~12の心構え 管理人自己紹介 コンタクト トップページ