不倫している者にとって慰藉料についてはとても気になるところだと思います。

 

慰藉料って絶対に支払わなければならないものなのでしょうか?

 

それは、YesでもありNoでもあります。

 

まず不倫は犯罪ではありません。
民法で慰藉料請求の権利はありますが、必ず請求しなければいけないものでも、請求されたからといって必ず支払わなければならない義務でもありません。

 

不倫された人全員が慰藉料の請求をしている訳ではありません。
慰藉料は相手が請求してきてからのスタートです、請求自体がなければ支払いはないです。

 

 

慰藉料を絶対に支払わなければならない状況にするには、
公正証書(「支払いが滞ったら、強制執行されてもいいです」とあなたが認めた正式な示談書)が必要になります。

 

公正証書があれば、あなたから強制的に徴収することができます。

 

でも作成には裁判所を通さなくてはなりません。その為には不倫の証拠、あなたの彼の肉体関係を証明するものが必要です。

 

 

被害者の立場から言うと、不倫の慰藉料を払ってもらうことは難しいことです。

 

不倫の被害者の方には申し訳ないですが、慰藉料を希望額支払ってもらえる人は殆んどいないと思います。
子供の養育費ですら、支払ってもらえない人の方が多いのが現実です。

 

不倫を知り弁護士にすぐ相談し証拠集めに探偵を雇う、そんな人は少数です。
事実を知ってショックを受け、悲しみと怒りの中で身内に相談しながら請求するという感じが多いと思います。

 

不倫や慰藉料請求に慣れている人なんていません、不倫の事実を知って冷静でない状況でそんな”初めてこと”をするんです。

 

素人が着実に事を進めて、支払いを約束させ実際に払ってもらうことは至難の業です。
言葉や請求の仕方を間違えれば、逆に恐喝で訴えられます。

 

”不倫”という初めてことで戸惑い悩んでいるのは、あなただけではないです。
奥さんも同じだと思うんです。

 

慰藉料を絶対に支払わなければならない状況にする方法は存在しますが、
それを現実にできる人は少ないです。

 

慰藉料って絶対に支払わなければならない?の答えは、YesでもありNoでもある。ありよりのなしではないかなと思います。

 

慰藉料についてもっと知りたい方はこちらもお読み下さい。

 

不倫の慰藉料①


 
不倫で幸せになる~12の心構え 管理人自己紹介 コンタクト トップページ