不倫の慰謝料の相場は、
不倫によって離婚に至った場合200~300万
離婚に至らなかった場合(夫婦関係を修復できた場合)~150万と言われています。

 

それぞれの状況によって金額は変わります、一般に言われる相場金額は最高金額だけ見てください。
不倫の慰謝料は最大300万。
もし離婚しないなら最大150万と考えましょう。

 

芸能人の離婚のような何百万もの慰謝料は、私たち一般人ではあり得ません。
いくらあなたが稼いでいても、上の最大金額以上の支払いはないです。

 

具体的な金額は最後にならないと分かりません。
ネットで調べてり、弁護士に相談しても参考金額としてとらえましょう。

 

過剰な金額に不安を煽られないで下さい。

 

 

金額の決め方(判断する材料)ですが、離婚の有無・不倫以前の夫婦関係・婚姻期間・不倫期間、
あなたの経済状況・謝罪の有無・社会的制裁の有無などです。

 

また奥さんは自分の旦那さんにも慰謝料を請求することができます、
彼(旦那さん)が慰藉料を支払う場合、慰謝はされたとしてあなたへの慰謝料は減額されます。

 

以上の様々なことを考慮しながら、慰謝料の金額は決まりますが
これだけの条件を考えられるのは、弁護士を雇ったり、裁判をする場合です。

 

③で書きましたが、不倫慰謝料の話し合いはだいたい示談です。
(こちろもどうぞ不倫の慰藉料③~どうやって決める?

 

素人、しかも不倫が発覚して感情的になっている人が、これらの客観的事実を踏まえての話し合いできません。

 

なので、重要になってくるのはあなたの経済状況とどこで相手が納得するかです。

 

不倫は犯罪ではないので、希望額の慰謝料を必ず徴収できるものではありません。

 

(強制徴収の制度もありますが、裁判所を通さないと無理です。徴収できる金額の上限もあります。
慰藉料が請求できる権利があるといっても、個人での過度な請求は脅しになります。)

 

あなたにどれだけの支払い能力があるのかが問題になってきます。

 

相手は、まずは相場の最高額300万を請求してくるでしょう。

 

でもあなたが生活できないような金額の支払いをすることはありません。

 

だからといって、”月1万25年総額300万”のような支払い条件はないです。
あなたが月1万しか支払う能力がないなら、その能力に応じた金額にするべきです。

 

希望額は払えないことを相手に伝えて、
どの程度なら支払えるのか、相手が納得できる材料と事実を探します。

 

③に書きましたように(不倫の慰藉料③~どうやって決める?
慰藉料の請求目的はお金を得る以外にもある場合が考えられます。

 

他の目的が果たされれば、減額される・支払自体いらないという場合もあります。

 

まずはしっかり謝罪して、相手の怒りを収めて下さい。
そして、これだけしか支払ないという相手が納得できる理由を伝えていく、ということが大切になります。

 

 

それでは、最後に実際の私のことをお話したいと思います。
不倫の慰藉料⑥~私の場合慰謝料0


 
不倫で幸せになる~12の心構え 管理人自己紹介 コンタクト トップページ