どこからが不倫だと思います?

 

人によって考える“不倫の境界線”はバラバラだと思います。
異性との付き合い方で相手に望むことや、許容範囲は人それぞれですよね。

 

今回は、裁判になったら慰謝料を払わなければいけない浮気行為はどこからなのか、不倫の定義について話します。

 

不倫の定義とは、慰謝料を支払わなければならないラインです。

 

(このサイトにお越しの方は、彼と一緒になる為の本気の不倫をされていると思います。
慰藉料も不倫の責任の一つです。逃げずに向かい合ってほしいと思いますが、知識として知っておいて下さい。)

 

 

民法上で、不倫(不貞行為)をはっきり決める基準は存在しないです。
「夫婦以外で手をつないでデートしたら不倫になる」などという具体的な事は決まっていません。

 

けれど、過去の裁判から導き出された“浮気の判定ライン=不倫の定義”というのはあります。

 

では、不倫の定義はなんでしょうか?

 

それは肉体関係、“性的行為”の有無です。
もっとダイレクトにいえば「エッチしたかどうか」です。

 

なので手をつないだり、キスをしただけなら法的には不倫になりません。
これだけだと性的行為にはあたらず、彼やあなたに対して慰謝料は請求できないです。

 

具体的に不倫とみなされないことは、

 

・パートナー以外の異性と一緒に食事をした(デートした)

 

・手をつないだ

 

・ふたりで見つめ合った

 

・キスをした

 

・プレゼントを贈った

 

・バレンタインデーに手作りチョコを贈った / 受け取った

 

・親密な内容のメールをやりとりした

 

・裸の写真を見せた

 

などです。私たちが不倫や浮気と考えるラインより、甘いですね。モラルと法律は違うようです。

 

ただ、肉体関係がない(そのものを証明できない)といっても、全てが不倫とみなされない訳ではありません。

 

例えば、軽いキスではなく濃厚なキスを何度も長期間にわたって繰り返し、
それが写真やビデオで証拠として残っている場合です。

 

これは裁判になると「エッチしている証拠はないけど、この2人はキスより先の行為も絶対やってるよね」と判断される可能性が高いです。

 

またメールの場合も同様に、
親密なメールをずっと何ヶ月にもわたってやりとりしていれば疑われます。

 

メールのやりとり自体は不貞行為にはなりません。
でもその親密な内容や頻度から、性的関係が十分疑われるということで不貞行為の存在が認定され、
慰謝料が発生してしまう可能性もあるようです。

 

 

彼との不倫恋愛を進めていくと、バレてしまった時のことが心配になります。
慰謝料は怖いですね。。。

 

不倫の慰藉料について気になる方はこちらも読んでみて下さい。不倫の慰藉料①

 

ネットや、世間の過剰な情報に流されないで下さいね。

関連ページ

不倫とは
孤独・嫉妬・恐怖・焦燥。 不倫恋愛は幸せばかりではありません。 最中は苦しく悲しいことの方が多いです。 私はW不倫の果て、相手の彼と再婚しました。 本気で不倫恋愛をしてる方、一緒に幸せを目指しましょう。
不倫は必ず隠すこと
孤独・嫉妬・恐怖・焦燥。 不倫は幸せばかりではありません。 最中は苦しく悲しいことの方が多いです。 私はW不倫の果て、相手の彼と再婚しました。 本気で不倫恋愛をしてる方、一緒に幸せを目指しましょう。
不倫の責任
孤独・嫉妬・恐怖・焦燥。 不倫は幸せばかりではありません。 最中は苦しく悲しいことの方が多いです。 私はW不倫の果て、相手の彼と再婚しました。 本気で不倫恋愛をしてる方、一緒に幸せを目指しましょう。
不倫成功への覚悟
不倫の結末
あなたはどうして不倫の恋をしてるんですか?

 
不倫で幸せになる~12の心構え 管理人自己紹介 コンタクト トップページ