何気ないところで奥さんの存在を感じてしまうことってありますよね。
ショックです。ショックが落ちつくと嫉妬に襲われます。

 

私たちも不倫中、お互い家庭のことは話さないようにしていました。
元夫・元奥さんのが会話に出てきてしまわないように注意していました。

 

でもどうしても、相手の存在が見え隠れしてしまう時があります。

 

「えっ?!そんな話しないでよ!」
といちいち言えないです、彼に嫌われたくないし、恰好つけたいです。
嫉妬心との付き合い方は本当に難しいです。

 

なんで嫉妬なんて感情が人間にはあるんだ。。。と、
頭をどこかにぶつけて思考回路を止めたかったです。

 

嫉妬最盛期の自分を振り返ると、自分から嫉妬に向かっていたなと感じます。
嫉妬は嫌と言いながら、嫉妬のアンテナなようなものを張っていました。

 

例えば彼が、
去年の夏、キャンプに行ったときに。。。と思い出話をすると
奥さんと仲良くキャンプしてたの、と彼の楽しかった過去に嫉妬。

 

あそこのハンバーグ好きだから、また食べたいな。。。と好きな食べ物の話をすると
”また”、ね。誰と今まで食べてたんよ、と言葉尻をとらえて嫉妬。

 

あらゆる事から、嫉妬の妄想を膨らませていました。
彼と一緒にいて・話していて、嫉妬してしまうというよりも。嫉妬できるものを自分から探していました。

 

探した結果、嫉妬に繋がるものがないと安心していました。

 

嫉妬が嫌だと言いながら、自分で嫉妬のアンテナを張っていたんです。
今も一緒に暮していて、私と出会う前まではずっと一緒にいた人なんだから、アンテナを張れば嫉妬の種が見つかるのは当然です。

 

嫌だ嫌だと言いながらも、自分で近づいていっている。
これでは彼がどんなに気をつかってくれても、嫉妬してしまいます。

 

あなたも、今激しい嫉妬で苦しいのなら。私と同じように嫉妬のアンテナを張ってしまっていませんか?

 

嫉妬心がなくなることは残念ながらありません。でもその激しさは、状況や環境だけの問題ではないのかもしれません。

 

 

 

関連ページ

嫉妬心とは
子供がいることに対する嫉妬
甘えと嫉妬
嫉妬心が楽になるとき
このサイトに来られた方は、不倫恋愛に悩まれていると思います。 今すぐ彼を自分だけのものにしたい。 でも目の前には、ならない現実しかありません。 その悲しみを苦しみを、あなたと共感したいと思います。

 
不倫で幸せになる~12の心構え 管理人自己紹介 コンタクト トップページ