不倫関係は、誰かが誰かを裏切ることで成立します。

 

あなたの旦那さん、彼の奥さん、子ども、両親、友達。

 

裏切る人の数は、あなたと彼の環境によって変わると思いますが、
誰1人裏切ることなく不倫恋愛を成立させることはできません。

 

もしあたなが独身で、直接誰かを裏切ってないとしても
自分の両親や友達に、罪悪感に似た申し訳なさを感じていると思います。

 

今は落ち込むほど罪悪感を感じていなくても、いずれ罪悪感は生まれ大きくなります。
罪悪感や後ろめたさの大きさは、裏切る人数に比例するのではなく、時間に比例するからです。

 

2人の関係が深くなればなるほど、愛が大きくなればなるほど、罪悪感は重く大きくなります。

 

 

私も日に日に大きくなる罪悪感に苦しみました。

 

「罪悪感が苦しいなら、不倫なんて辞めればいい。」
不倫中に言われました。自分でも何度も思いました。

 

でも、それでも辞められないから苦しんです。

 

なんとか不倫の罪悪感から逃れられないか、楽になる方法はないか、ネットで”不倫 罪悪感”とよく検索しました。

 

あなたも同じ気持ちでこのページにたどり着いたのではないでしょうか。

 

 

不倫の罪悪感から逃れられないか、楽になる方法はあるのか、結論を言います。

 

残念ですが、罪悪感の特効薬はありません。

 

私は見つけられませんでした。

 

苦しい気持ち分かります。何度も何度も逃げたくなりました。

 

でも私たちの恋は、誰かの裏切られた悲しみの上にあります。
その悲しみを、自身の罪悪感として受け取ることが私たちのせめてもの”作法”だと思います。

 

罪悪感でいくら苦しんでも、それは当然のことであり誰も認めてはくれません。

 

けれど罪悪感の特効薬はないと諦め、その罪悪感と向き合うと決めた先に彼との幸せな未来はあると。
私は確信しています。

 

 

 



 

 


 
不倫で幸せになる~12の心構え 管理人自己紹介 コンタクト トップページ